レディース春夏ファッションのトレンドカラー

2017年、レディース春夏ファッションのトレンドカラーは?

 

春夏のトレンドカラーは、花々を連想させるピンクや透き通るようなブルー、そしてアースカラー。

 

特に夏は、レトロでビンテージな色が旬なカラーになります。今年はコーラルからオレンジ系などの暖色系も登場します。

 

注目のアースカラーは、砂漠を思わせるサンドカラーや、大地をイメージしたベージュからブラウン系まで、シンプルなアイテムで素材感を楽しむのが2017年春夏の特徴です。

 

モードファッションが好きな人向けトレンドカラー

シンプルな着こなしがモードファッションの要なので、ベースカラーはベーシックなホワイトやエクリュ、ベージュが中心になります。

 

クールなモノトーンをベースにして、ライドベージュやエクリュを組み合わせたニュートラルカラーがモードファッションの基本です。

 

ブラック&ホワイトにベージュの組み合わせが今年っぽい取り合わせになります。

 

ガーリーファッションが好きな人向けトレンドカラー

ガーリーテイストにいちばん合うのは、やはりピンク。みずみずしい花々やフルーツのようなフレッシュなジューシーピンクがトレンドです。

 

青みがかったベリー系や濃色のビビットピンク、コーラルピンク、パステルピンク、さまざまなニュアンスのピンクをファッションに盛り込むのがオシャレのコツです。

 

グレーと合わせて、コントラストをもたせると大人ガーリーで素敵な着こなしになります。

 

レトロファッションが好きな人向けトレンドカラー

回顧ムードが漂う、レトロなオレンジレッドやターコイズブルー、黄みの入ったグリーン系がレトロ感をプッシュします。

 

母親や祖母世代が若い頃に着ていた色彩を真似ると、レトロファッションに近づきますが、それだとぼやけた印象になるので、差し色を上手に使います。

 

今年っぽく攻めるなら、サーフ&リゾートカラーっぽいビビットで元気な色が正解です。

 

原色に近い赤や黄色、オレンジを大胆にとりいれて、古くて新しいレトロファッションを体現します。

 

ナチュラルファッションが好きな人向けトレンドカラー

自然界にある色を身にまとうと、気持ちもの穏やかでナチュラルな気分になれますね。

 

今までのナチュラルファッションは、生成りや麻素材のそのままのクリーム色が多く使われました。

 

今年は、夕陽をイメージしたオレンジやチリレッド、肥沃な大地を連想させるブラウンがメインカラーです。

 

健康的に日焼けした肌に似合う、ゴールドを小物で使ってオリエンタルな雰囲気にもっていくのが旬なナチュラルコーデになります。

 

特に、2017年のレディース春夏ファッションでは、定番のパステルカラー系のほか、キャメルのような色合いニットや、レンガ色のパンツなど、サファリカラーを取り入れた春服の新作も登場したりしています。

 

赤系を取り入れるなら、朱色に近い濃い色合いのニットトップスなどもおすすめ。

 

鮮やかな赤が顔の近くにあることによって、顔色を明るく見せてくれます。

 

コーデが派手すぎるのが気になる場合は、白シャツをレイヤードしたり、ベージュのパンツを合わせたりすると、全体的なバランスも良くなります。